公募情報

株式会社コンポン研究所 研究員

職名・人数
研究員 1名

所属
東東京研究室(千葉県市川市、JR京葉線 二俣新町駅より徒歩2分)
詳しくは、こちらをご覧下さい。

仕事の内容
クラスター新物質「クラスターを活用した新しい原理に基づく機能性物質」の創製を安松久登教授(豊田工業大学 クラスター研究室)と協力して推進していただける方を広く募集します。合成、性能評価、原理解明、実用に向けた開発を含んだ総合的な研究を行います。また、科研費に応募する資格があるので、研究員自身のアイディアに基づいた独創的研究も遂行できます。当グループの現在の研究内容はこちらをご覧下さい。

着任時期
できる限り早い時期

任期
契約期間 3年(成果を考慮の上、契約更新可能。ただし転出を妨げるものではありません。)現メンバーの在籍期間実績は10-20年です。

待遇
裁量労働に基づく年俸制(年俸額は成果等を考慮の上決定)。昇給、通勤手当、時間外手当、社会保険あり。科研費に応募できます。

応募資格
博士の学位を取得、または、取得見込みの方で、新たな研究分野の開拓に意欲的な方。

公募締切
2019年1月7日(月)

提出書類
履歴書 (写真貼付)
研究業績リスト(誌上発表、学会発表、受賞歴、知的所有権、その他)
論文別刷 (3編以内)
これまでの研究成果と今後の抱負 (2000字程度)
照会可能な方2名の氏名と連絡先

書類送付先
〒272-0001 千葉県市川市二俣717-86
株式会社コンポン研究所 東東京研究室 採用担当 浜田誠一
電話:047-320-5920
(送付記録の残る方法で送付のこと)

問合せ先
株式会社コンポン研究所 東東京研究室内
豊田工業大学 クラスター研究室 教授 安松久登
電話:047-320-5915
e-mail:yasumatsu_at_clusterlab.jp (_at_を@に置き換えて下さい)

備考
当研究所は、人類の持続的発展を目指して、根本に立ち戻って本質を明らかにし、自然、社会、人文科学を総合することを狙いとしてトヨタ自動車株式会社とグループ企業により創設されました。詳しくは、こちらをご覧下さい。
その中核をなすクラスター研究は、豊田工業大学と連携して推進し、トヨタグループや関連企業との共同研究へ発展させています。研究成果は、特許出願、国際学術誌の論文、国内外での学術会議を通じて、広く公表しています。また、研究員の多くが科研費の研究代表者としても研究を遂行しています。
研究員のキャリアアップとして、コンポン研究所主幹研究員への昇進、アカデミック分野や民間企業への就職の実績があります。詳しくは、こちらをご覧下さい。
既存設備として、ガスフロー反応計測装置、電気化学計測装置、クラスター衝撃担持装置、表面化学反応装置、走査型トンネル顕微鏡(STM)、質量分析装置、フェムト秒レーザー、高分解能波長可変レーザー、赤外・紫外分光装置、ラマン装置、各種クロマトグラフィー、各種合成装置などがあります。こちらもご覧下さい。